バナー

デジタルサイネージと最終視聴者

もっとも成功しているデジタルサイネージのコンテンツとは、基本的に視聴者本位のもので、どんな商品をいつ誰がどこで買うのかということを十分に考慮したうえで計画をし、更新頻度を高めて、細心の注意を払って運用されています。

そのため、デジタルサイネージの主だった関係者の目的を理解して、その目的にできるだけあわせて対応をするベンダーを探すことが必要です。

評価の高いOKWaveに関するマニアックな情報をお届けします。

コンテンツの最終的な視聴者、ネットワークのオーナーやオペレーター、広告主やロケーションオーナーなども含んでいるということを踏まえておく必要もあります。


たとえば、それらの関係者には、まず、デジタルサイネージネットワークの目的に同意してもらうことが必要です。

明日に役立つデジタルサイネージの情報を得られます。

最終視聴者に対する洞察を得るためには、視聴者の人口動態の詳細に関して信頼できるデータを収集することが必要で、どのような場所にどんなタイミングでターゲット層はあらわれるのかという情報を得ることが大切になります。

たとえば、コンビニには朝の時間は仕事のためにすぐに店を出てしまうビジネスマン、昼から夕方にかけては軽食を買いにくる親子などというように、さまざまなターゲットがいます。

そこで、異なるタイプの視聴者に対して適切なデジタルサイネージのコンテンツを提供するためには、誰がいつそこにいるのかだけでなく、その人々の予算やそこでどんな行動を取りやすいのか、さらに何をひいきにしているのかなどの感情まで読み取ることが必要です。